安東米店アンコメ店主による徒然日々広報活動。


by ankome

2009年 07月 04日 ( 1 )

composition(組成)

b0151189_19461550.jpg
店主でございます。
 今日は午後から「萬幻豚」のお披露目パーティへ。萬幻豚の仕掛け人、さの萬さんと、開発パートナーである桑原農場さんお二人の新規プロジェクトが農商工連携事業としての認証を得て本格スタートする。そのお披露目&試食会というわけ。じつはこのパーティに出された萬幻豚アラカルトの中に、萬幻豚のカツカレーというのがありまして、そのご飯をアンコメセレクトのお米(静岡磐田太田農場ハツシモ)も使っていただきました。まあ「こっそり」とですがね。アンコメっぽいでしょ。
 会場には知った顔ぶれがあちらこちら。ビオファームまつきの松木さん。セレクトアイカンパニーの鈴木さん。ジャンティの久保田さん。枇杷さんの面々などなど。こういう場に来ると、意外な繋がりにびっくりすることがあるが今日もまたそんな発見がいくつか。そういう繋がりの中にアンコメも加えてもらっていることが、じつに嬉しい。
b0151189_1945933.jpg

 さて「萬幻豚」である。すでに多くの方の舌を満足させている素晴らしい豚肉である。とくに脂の質、そして味、風味は格別である。四十も半ば過ぎると脂身は控えたくなるものだが、この豚の脂はぜひ味わってほしい。それを形容する文字や言葉が陳腐に感じるほど感激しますよ。
 以前、さの萬の佐野さんに「脂の旨みや風味とはどこから来るのでしょうか?そしてその実体は何ですか?」とお聞きしたことがあった。佐野さん曰く、「組成です」。とおっしゃった。じつは米の旨みや風味も脂質の中に存在する。要するに糠の中だ。とくに玄米で食すことを目的とした巨大胚芽米カミアカリの旨み風味の謎を解き明かす上で、この「組成」というキーワードは小生の脳みそにガッツリと食い込んでいる重要なキーワードである。
 脂、組成・・・、ついつい熱く書いてしまった・・・。
[PR]
by ankome | 2009-07-04 19:49 | アンコメの日々