安東米店アンコメ店主による徒然日々広報活動。


by ankome
カレンダー

2009年 06月 30日 ( 1 )

visitor(訪問者)

b0151189_1535626.jpg

店主でございます。
 昨日から今日は訪問者ラッシュ。何人か数えてみたら8人だった。
 最初の人は、お年寄りにも安全に食べられるお餅の開発についての相談。
 次は人は、学生時代からの友人、イラストレーターでフリーペーパーOn The Road Magazineの編集発行人ガオニシカワ氏。エコパで行われた車イベントの帰り道、スタッフのチャーリー山田氏と寄ってくれた。最近のオートバイ論から始まり、海の向こうのアウトローの生態などなど、半端でなく面白かった。
 お次は、ある食品添加物の利用法についての実験の依頼。劣化したお米を改善できるらしいが、その劣化したお米がない。アンコメは劣化「していない」、あるいは「させない」ための努力をしてきたためにそういう米が存在しない。さてどうしたものか?新しい悩み。
 お次は、ご近所のお客様。カミアカリドリーム勉強会にご興味あり。その説明にあれやこれや。針灸師である彼は玄米の可能性にたいへん興味を持っているとのこと。
 そして明けて本日10:00、ラストの訪問者は、友人の石垣さんと販売促進研究所の杉山さん。彼には一度会ってみたかったので、石垣さん経由でお話をいただいた時には、「しめた!」と思った。というのは彼の会社が取り組んできた仕事(作品)が、以前から少し気になっていたからである。その張本人が向こうから訪ねてきてくれたのである。
 議題は確か・・・繁盛している店や会社について云々・・・ということだったらしいのだが、結局そんなテーマはどこへやら・・・「スタバの外人サクラ説」。「ダメな商店愛玩論」。「すみや呉服町店WHO理論」。「スティーブジョブスは口笛を吹く説」。などなど。小生も初対面とは思えないほど大出力の2時間であった。こんなに白熱したのに、ノーギャラ。ちょっともったないことしちゃったな。
[PR]
by ankome | 2009-06-30 14:55 | アンコメの日々