安東米店アンコメ店主による徒然日々広報活動。


by ankome
カレンダー

<   2009年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

店主でございます。
 30.31日の2日間、山梨県清里にある清泉寮で行われた良い食品づくりの会主催「良い食品博覧会」に行ってきた。今回のミッションは土鍋ごはん炊きの講師。1時間半くらいで土鍋ごはん炊きのハウツーを大道芸ごとき状況で、通りすがりのお客様に実践してもらうという、今までに経験したことのない環境での講座(芸?)だった。
 標高1000m、しかも吹きさらしのアウトドア。一発勝負の過酷な状況でもなんとかなるのが土鍋。小生の心配をよそにツヤツヤピカピカ外硬内軟、立派なごはんが炊けました。(いやーしびれました・・・)無事ミッションを務めその日は新しく完成した清泉寮の新館Annexへ宿泊。素晴らしい環境に清潔感ある美しい客室、天然温泉まである。早速その温泉につかりに行くと人影はなし。露天風呂を独占し高原の薄暮を満喫した。
b0151189_19473132.jpg

 31日は、楽しみにしていたパネルディスカッション。お米鼎談と題され、フードジャーナリストの向笠千恵子さん、東大農学部教授の生源寺眞一さん、元飯山市長で現(株)信州味噌社長の小山邦武さんのお米を巡る対談。米どころ飯山で実践されている事象を紹介しながら、これからのニッポンの農のあり方をそれぞれの立場から発言されていた。
b0151189_20221467.jpg

 昼食後は、そうそうたるメンバーの良い食品づくりの会販売ブースで仕入れみたいな買い物をしてから帰還した。
 今回この機会を与えていただいた青山さん、本の中や商品の中でしか知りえなかった多くの食のエキスパートの方たちとご縁を結んでいただきありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by ankome | 2009-05-31 20:31 | アンコメの日々
b0151189_1664242.jpg

店主でございます。
 地元中学生の体験学習最終日。事故もなく無事終了。忙しい週でなかったのが幸いだった。16:00解散。アンコメスタッフ全員で記念撮影。お疲れさまでした。
[PR]
by ankome | 2009-05-29 16:19 | アンコメの日々
b0151189_17151028.jpg

b0151189_1715313.jpg
b0151189_17154253.jpg

今日は中学生の体験学習2日目、30キロの米袋を持つ姿勢もそれらしくなってきた。
[PR]
by ankome | 2009-05-28 17:18 | アンコメの日々
b0151189_17121553.jpg

店主でございます。
 今週末に八ヶ岳の麓、清里のKEEP協会で行われるイベント、「良い食品博覧会2009」に講師として行くことになった。担当するのは、「土鍋炊飯+田圃からお茶碗まで」のワークショップ。今回は2時間弱の持ち時間なので、土鍋炊飯のハウツー中心となる。じつは一つ心配事がある。それは現場の標高。清里は標高約1000m、よって沸点は100℃にならない。でもそれをネタにすることで、乗り切ろうと只今シナリオ製作中。あらためて思う。その土地で、その土地の米と水、そして環境で炊く。これはちょっとしたアートだね。
アンコメの土鍋炊飯講座は5月30日(土)14:00~

<良い食品博覧会>
★博覧会2009チラシPDF
http://yoisyoku.org/document/yoishoku.pdf
★清里キープ協会清泉寮
http://www.keep.or.jp/ja/seisen_ryo/
[PR]
by ankome | 2009-05-28 15:16 | イベント
b0151189_12192383.jpg

店主でございます。
 今日から3日間、職場体験で地元中学生3人が来ている。配送業務に2人、店頭に1人、それぞれ担当のアンコメスタッフに一人づつ付け、販売の現場を体験してもらう。じつはここに、もう一つ狙いがある。この体験プログラムを通じて「人にモノを教える、伝える」ということを、当店のスタッフにも学習してもらいたいのだ。それによって自らの仕事にプライドを持つことはもちろん、人に伝えることで自分が何をしているか?何を考えているかが解ることが重要な学習だと考えるからだ。
[PR]
by ankome | 2009-05-27 12:19 | アンコメの日々

apricot(梅)

b0151189_18553162.jpg

店主でございます。
 ちゑちゃんの梅「豊年」の予約販売の受付スタートです。地元旧金谷町松島の里にある、ちゑおばあちゃんが長年守ってきた梅林。ご高齢のおばあちゃんをサポートして梅林を守る会、「松島桜梅林協力会(まつしまMMC)」が昨年結成されました。じつはその梅がもうすぐ収穫時期。そこでアンコメも微力ながら販売でサポートすることになりました。品種は「豊年」。けっして大きな実ではないけれど、種が小さいので果肉がたっぷりです。梅干に梅酒にぜひご利用ください。今年は6月の第1週と第2週の2回販売を予定しています。ご興味のある方はぜひご協力ください。
<サイズ>
中粒サイズ(収穫時期によりサイズいろいろ、無選果)
<価格と単位>
2キロ ¥1000(2キロ単位でお願いします)
<ご予約締め切り日と商品のお渡し日>
①6月5日(金)までに予約→6月8日(月)にお渡し。
②6月12日(金)までに予約→6月15日(月)にお渡し。
※この活動は松島桜梅林協力会(まつしまMMC)とNPO地域町づくりサポートネットが運営しています。
[PR]
by ankome | 2009-05-26 19:22 | 商品

10 years after(10年後)

b0151189_18554971.jpg

店主でございます。
 画像は昨日の夕方、アンコメスタッフの山田とアンコメ米作りプロジェクトの栽培隊長の松下さん。焼津の良知さんの田植えの帰りに寄った時のもの。
 山田は入社してから一年、勉強熱心な彼女は栽培の現場に興味があるので、小生が出掛ける時には同行することが多い。もともと農業志望だったこともあるので当然であるね。偶然にも同じ日に近所でありながら全く違う成り立ちの田圃を体験したことは、かなりのインパクトがあったらしい。
 ウィークデイは米に触れ米を商い飯を喰う。週末になると田圃に触れ稲と戯れる。これをもし10年続ければ、きっと米と稲を見る彼女の眼力は、彼女が想像する以上に素晴らしいものになるだろう。
[PR]
by ankome | 2009-05-25 19:17 | アンコメの日々

all day long(一日中)

b0151189_19145183.jpg

店主でございます。
 以前ブログでも告知をした焼津の良知樹園さんの田植えイベントにアンコメスタッフが有志で参加。朝から生憎の雨、田植え機のちょっとしたトラブルもありスタートは前途多難。と、思いきや天気の回復とともに絶好調。40人ほどの参加者は手植えや機械植えなど思い思いに挑戦、子供たちは泥まみれで大いに盛り上がった。昼食は豪華なBBQ&刺身!じつに旨かったです。食べすぎました・・・。(良知さんお世話になりました!)
 帰り道、ここから車で15分ほど北にある松下さんの田圃に寄る。今日は奇遇にも田植えの初日、巨大胚芽米カミアカリの田植え中だった。というわけで、早朝から夕方まで田圃三昧の一日でした。
[PR]
by ankome | 2009-05-24 19:27 | アンコメの日々
b0151189_2337126.jpg

店主でございます。
 午後から掛川。年一度講師役を仰せつかっているライフスタイルデザインカレッジ(NPOスローライフ掛川主催)の修了式&公開フォーラムへ。本日の講師は月尾嘉男さん。「足元の宝物で地域を元気に」というテーマでたくさんのデータをもとに今のニッポンを分析し、これからのニッポンの姿をクリエイトするためのヒントのお話し。それを聞き、あらためてスローライフ掛川の先進性も同時に実感。ここに渦巻いているパラダイムは、実践している本人たちが思う以上にちょうどいい大きさ、ちょうどいいスタンス、ちょうどいい情熱を持っている。ちょっと距離感のある静岡から見ているとそう感じている。「それじゃ物足りないの?」帰り道そんな風に思った。
[PR]
by ankome | 2009-05-24 00:09 | アンコメの日々

cleaning(掃除をする)

b0151189_16512961.jpg

店主でございます。
 午後から雨。毎週定期でお届けしている特養老人ホームへ。年に2回、夏の始まりと終わりに米びつの掃除をする。4月から担当を山田に任せたので、彼女にとっては初の掃除。小生もサポートで同行。200キロ近く入るステンレス製の内側をお湯で温めたタオルでゴシゴシと拭いていく。約半年間でこびり付いたヌカがみるみるうちに取れていく。ただし、大きい米びつなので、作業姿はほとんどダイビング。頭に血が上る。その状態で、最下部にある計量シャッターを拭うのはかなりタフ。山田は自らの汗も拭きながらようやく作業終了。何だかんだで1時間弱。お疲れさま。作業風景を撮ろうとデジカメ持参で行ったけど、作業に夢中でうっかり忘れてしまった。
[PR]
by ankome | 2009-05-22 17:12 | アンコメの日々