安東米店アンコメ店主による徒然日々広報活動。


by ankome
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:商品( 68 )

b0151189_18104379.jpg

店主でございます。
 アンコメの2月は企画がたくさん。第1週の週中に鬼の襲来、第2週の週末はバレンタインデー。アンコメのバレンタインとくれば、おなじみラ・ローザンヌの生チョコレート
 毎年この時だけは、アンコメは米屋でなくなるくらい、ご来店いただくお客様は「生チョコ、生チョコ、生チョコ・・・」という状況になる。面白いでしょ。それくらい魅力たっぷりの生チョコレート、どなたかにプレゼントも良いですが、自分のためにもあなたもいかが?

ラ・ローザンヌ生チョコレート(ホワイトチョコもあります)
1箱 1260円
まとめてご購入の方は、事前にご予約ください。
[PR]
by ankome | 2010-01-29 18:10 | 商品

citrus【柑橘】

b0151189_17285979.jpg

店主でございます。
 1月も半ばを過ぎると、様々な種類の柑橘が、「ゆずからし」でおなじみの興津の杉山農園さんから入荷してきます。その第1弾が、太田ポンカン。おだやかな酸味と高い糖度、そしてなんとも云えないあの触感がたまりません。見た目はイマイチですが、食べれば判ります!これから数週間の限定販売です。ポンカンオタクの方は今すぐご注文くださいませ。

興津杉山農園 太田ポンカン
1キロ(8個前後) 420円
[PR]
by ankome | 2010-01-18 17:28 | 商品
b0151189_19384551.jpg

店主でございます。
 あっという間に、一月も半ば・・・。早いもんです。この調子だと、気がつくとまたもや紅白歌合戦の日になっちゃいそうで怖いです。
 ところで、今月も月いちローザンヌがあります。今回は、軽めの和系スイーツ、「和三盆ロール」です。一昨年この月いちローザンヌをスタートさせた時の一回目がこのスイーツでした。
 徳島県産の和三盆糖を、生地とクリームに使用しました。とけるような滑らかな触感と軽い甘みが、新年会でお疲れ気味な方にも優しいかと・・・。

興津ラ・ローザンヌ 和三盆ロール 
1本 1300円(長さ33センチ:高さ5センチ)
販売日 1月29日(金) ご予約はお早めに!
[PR]
by ankome | 2010-01-13 18:55 | 商品
b0151189_12453225.jpg

店主でございます。
 年末です。今年最後の営業日。今日は「ソビスケの年越しそば」の販売日です。予約分以上に用意しましたが、予想以上に売れてます。我が家の分もなくなりそうな気配・・・(笑)でも、まだありますよ。ぜひご来店くださいませ。
[PR]
by ankome | 2009-12-31 12:45 | 商品
b0151189_0304975.jpg

店主でございます。
 いよいよ明後日からお正月のお餅の販売が始まります。じつは今日、地元テレビ局(静岡第一テレビ)の視聴者プレゼントのご依頼で、画像撮影用に搗いたのがこののし餅。明後日から販売するお餅と原料も製法も全く同じです。このままの姿です。原料は減農薬宮城岩出山産みやこがねもちで、もち米の量は二升(2.8キログラム)で作ります。製法は機械式の杵搗きタイプ。毎年お願いしている熟練の職人さんが一枚一枚搗きます。だからこそ、きめの細かさが魅力のこのもち米の良さを最大限発揮するお餅が搗けるというわけです。
 アンコメ店主が自画自賛するお餅、ぜひ食べてください。ご予約は最終29日までOKですよ。静岡市内のお餅好きな方はもちろん、市外の方でも通信販売可能です。ぜひお問い合わせください。

アンコメの手作りのし餅
二升4600円  一升2400円  五合1300円
ご注文は安東米店054-245-1331まで。
[PR]
by ankome | 2009-12-25 23:57 | 商品
b0151189_2085528.jpg

店主でございます。
 入荷が遅れに遅れていた芋切干しがようやく入荷。冬型の気圧配置で北風がビュウビュウ吹くと作ることができることから、暖冬気味の近年は12月中旬以降の入荷が一般的。今年も遅れはしましたが例年並みの良い品質。おなじみ遠州大須賀町、村松商店さんから届きました。
 画像の向こう側に見えるみかんは、清水地区の新品種みかん、朝福みかんです。早生系統の品種ですが、皮は青島っぽい厚さがあります。とってもジューシーで酸と糖のバランスが絶妙です。ただし早生系統のため、やや足が速いのが難点。しかし味は本当に旨い!残り10ケースほどになってしまいました。まだ食べてない方は今のうちですよ!

遠州大須賀町芋切干し平切タイプ 650円
朝福みかんMサイズ キロ420円
[PR]
by ankome | 2009-12-22 20:42 | 商品
b0151189_1923826.jpg

店主でございます。
 いよいよ来週はクリスマスウィーク。すでにこのブログでも告知していますが、ご予約の締め切りがまじか(来週火曜日)なので、もう一度アップすることにします。
 アンコメ店主が惚れた大人のためのクリスマスケーキ。それが興津ラ・ローザンヌの「ブッシュドゥノエル」です。キャラメル風味のスポンジシートをアーモンドクリームでロールして大きな切り株の形にデザインされています。ラ・ローザンヌの石垣さんならではの、重厚で濃密な質感はまさに大人のためのクリスマスケーキ。「子供にはこの魅力は分からないだろうな~。」と、云いたいところですが、アンコメ家族の3人娘は大のお気に入り。ちなみにローザンヌさんのインフォメーションには「洋酒が効いています大人向け」とありますので、そのつもりで。
 来週火曜日がご予約最終日です。まだ予約されてない方は今のうちに!一年に一度しか食べられない、あの風味をぜひ!
 
興津ラ・ローザンヌ ブッシュドゥノエル
直径18センチ 4200円
ご予約最終日 12月22日(火) 販売日 12月24日(木)
[PR]
by ankome | 2009-12-19 19:08 | 商品
b0151189_1681362.jpg

店主でございます。
 毎月月末は月いちローザンヌ。今月は毎年恒例、クリスマスケーキ、
 「ブッシュドゥノエル」です。
 キャラメル風味のスポンジシートをアーモンドクリームでロールして大きな切り株の形にデザインされています。ラ・ローザンヌの石垣さんならではの、重厚で濃密な質感はまさに大人のためのクリスマスケーキ。「子供にはこの魅力は分からないだろうな~。」と、云いたいところですが、アンコメ家族の3人娘は大のお気に入り。ちなみにローザンヌさんのインフォメーションには「洋酒が効いています大人向け」とありますので、そのつもりで。
 アンコメ店主が惚れたクリスマスケーキ、ブッシュドゥノエル。只今、ご予約承り中です。

興津ラ・ローザンヌ ブッシュドゥノエル
直径18センチ 4200円
ご予約最終日 12月22日(火) 販売日 12月24日(木)
[PR]
by ankome | 2009-12-05 17:29 | 商品

year end gift(お歳暮)

b0151189_17572359.jpg

店主でございます。
 お歳暮シーズン到来です。アンコメも今週からいくつかご注文をいただいています。一番よく出るのは、やはりお米。今年はアンコメの祝い米人気もあってか。祝い米ルックでのお歳暮もチラホラ。次に良く出るのが、通称アンコメザクザク便。要するに、アンコメにあるちょっと変わった素敵な商品を自由にアッセンブルするというギフト。アンコメには、画像のようなカタチの箱など、大きさの違う様々な箱が準備してあるので、お届け先のお好みやご予算に応じて、オリジナルのお歳暮が作れるというわけ。楽しいでしょ。
 もらってうれしい。差し上げて楽しい。そういうギフトご提案しますよ。
[PR]
by ankome | 2009-12-04 17:57 | 商品
b0151189_1956770.jpg

店主でございます。
 子供の時分、ササニシキが大好きでした。淡白な味でサラッとした触感。炊き立てなのに、滑らか過ぎる触感のためか、冷感さえイメージしたのでした。大人になって米屋のプロとして仕事をするようになった今でも、そのイメージは、ずっと脳裏から消えません。
 ここ数年、ササニシキをどうするか?がアンコメの課題でありました。本場宮城県をはじめ、様々な地域で栽培されているササニシキを取り寄せ何度なく販売を試みていました。情報のやり取りが上手くいかないこともあり、これだ!と思えるものがなく、21年産もあきらめていました。そんな折、出張先の茨城奥久慈大子町の大久保さんが実験的に栽培していることを知ったのでした。
 秋になり、サンプル米を試食したら、子供の時分に脳裏に焼きついたイメージとは少し違いましたが、これがじつに強烈な仕上がりだったのです。触感こそ滑らかでかつてのササをイメージするものですが、味は濃厚で、かつ澄んでいます。まさに大久保米だったのです。すっかり気に入り全量買い取ることにしました。
 さて、ここからが本題なのですが、「本来ササニシキとは、きちんと栽培すると、そもそもこういうものなんじゃないだろうか・・・?」と、大人になった小生は考えたのでした。
 では、子供の時分に脳裏に焼きついたあのイメージとは、何だったのか?想像の域を超えることはありませんが、思い当たるふしが少しだけあります。それはけっしてポジティブなストーリーではありませんが、そういう要素が、その当時の味や触感を生み、それらを食べて育った子供たちは、そのイメージを米の味、ササニシキの味としてインプットした。まあこういうことではないかと妄想するのです。

茨城奥久慈大久保ササニシキ
白米、玄米、分づき米(玄米価格)
1キロ620円 5キロ3000円 10キロ5900円
[PR]
by ankome | 2009-12-02 20:24 | 商品